下の子供が話してきました。

「Mちゃん、ひどいねん。
 
 この前の美化活動の日、友達とか、めっちゃ久しぶりやから
 みんなにあいさつしまくってん ♪d(⌒○⌒)b♪。

 で、Mちゃんにも言ったら、

 『うわっ、暑苦しいのが来た。
  死んじゃう~~~~』

 って言われてん」



 は???
どういうことでしょうか??
これだけ聞くと、まぁなんでもないような気がするけれど、
Mちゃんは何かと下の子供に、ちょっかいを掛けてくる。

 「おはよう」って言っても無視したり(聞こえてないかと思い、何回か言うらしいが)、
返事の代わりに、空手チョップを脳天にしてきたり、
言いだすときりがない。


 そしてMちゃんこそ、前年度後半でいじめにあい、職員室登校したその子である。
ならば、言われて傷つくこと・悲しいことをよく知ってるはず。
なのに、自分は言いたい放題・し放題、でも自分が言われると、
囲ってくれる職員室に逃げ込むんかい??って思うんだけど。。。

 だからつい、

「Mちゃんがそれを言うの?言われて傷ついたこと、
 前年度でよく知ってるはずちゃうん!!」

 と言っちゃえと、熱くなってしまう (^^ゞ。


 結局そんなこと、よぉ言わんとそのまま言われっぱなしなんだろうけど・・・。

 実はこの学年、こういう人の気持ちの分からない子が
多すぎる。
そんな子達に、つい「こう言っちゃえ」「あぁ言っちゃえ」
と熱くなるわたしは、どうなんでしょう。。。

 もっと冷静に見れる親心も必要なんでしょうね Σ(ノ∀`)ペシッ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tubotthi.blog57.fc2.com/tb.php/988-371e3304