2011.03.20 調剤点数の謎
 最近週に1回、五十肩の『さび解凍注射』を打ちに行ってます。
そう、ヒアルロンサン入りの痛み止め注射です (*^_^*)。

 で、近日では、金曜に行ってきました。
が、先週と同じ治療だったのに、料金が違うからおかしいなぁと、
確認すれば…
「先週は、お薬が出なかったから」と教えられました。

 そう、確かに先々週に、二週間分のお薬をもらっていたので、
無かったわ!!
それが点数にして、68点。
お薬を出すか否かで、680円かぁ…(の3割が負担分ね)。

 そして、お薬。
金曜日は、薬局に行きそびれ、今日土曜日の17時ごろ
もらいに行きました。

 ところがこちらも、先々週にもらった薬局と違う薬局でもらってきたが、
料金が違う。
ん??
薬局によって、薬の料金が違うの??

 で、調べてみると・・・
調剤点数って、薬局によって、点数の付け方が違うのね。
つまり、お薬もらうのも、薬局によって、料金が違うってことだ。
(そういえば、インフルエンザの注射も、お医者さんによって、価格が
違ったよねぇ…)
あと、お医者さんでは、18時以降、夜間料金が発生するのを
知っていましたが、薬局にもあるなんて、知りませんでした (^^ゞ。

 そう、
「夜間・休日など加算 40点」400円(の3割分負担)だぁ。

 診療報酬(お医者さんでの処方)・調剤点数(薬局での処方)なんて、
その医院・薬局の考え方で、加算させることが可能ってことだよねぇ…。

 まぁ、どんな企業でも「そんなもんじゃないの」
といわれれば、「言い値」であることに変わりはなし…。
でも、お医者さん・薬局って、国で守られてない??
そんなことと知ってれば、医者か薬剤師になってりゃよかったや
って、結構甘いこと、ほざいてる? ( ´艸`)。


 なぁ~~んだか、ちょっと不公平な気分を
ぶちまけた、つぼっちでした
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tubotthi.blog57.fc2.com/tb.php/961-0365a0b3