放射線科 13番窓口前。

 ビューン(ドアが開く音)

(おお!立ったのが見えたんか??) (@_@;)

「つぼっちさんですか?こちらへどうぞ」

 室内へ案内されます。
広い!!
明るい!!

「こちらの服に、着替えてください。靴下は履いていてもいいですよ」
(う~~、いよいよだよ~ (ーー;))

「こちらに、寝てください (ひざ下から足先までの、マットをおき、足が高くなる)。
 20分ほどかかります。その間、眠っておられて大丈夫ですよ。
 気分が悪いなど、なにかありましたら、これを押してください。
(ベルのようなものを、持たされる)
機械音でうるさいので、これをつけてください。音楽が流れていますので。
(ヘッドホンをつけてくれる。クラッシック?が流れている)
 では、始めます」

 少し、ベットが高くなり、丸いドームに入っていく。

(閉所恐怖症じゃないけど、しっかり目をつぶっておこう!!)

 音楽が流れている。

 ガガガガガガガガガガガ
 ドォーン ドォーン ドォーン ドォーン ドォーン

(げっ ( ̄~ ̄)ξ
 こりゃ、寝れるわけがない (ーー;)。 じゃ、目で探検 ( ´艸`)。
 クリーム色のドーム。 何かが動いているわけじゃない。
 ドームが、もっと目の前に迫っているかと思いきや、ぜ~~んぜん。
 へへん。まま、大丈夫 (*^^)v。

 動いたらあかん…ねやろなぁ。
 頭の奥がどうなってるか、見た~~~い!!

 しかし、音楽が、まるで聞こえへん (ーー;) 。
 まるで、工事やなぁ il||li _| ̄|● il||li)

「終わりました」


(やれやれ。恐るるに足りんな (★ ̄∀ ̄★)にやりッ)


 着替えて、ドアを出る段になり・・・

ビューン と開いた気がしたドアは、手動で手前に引くタイプのもの。
このたびにのMRIは、通院していた病院にはなく、別の病院だったんだけど、
このMRIの結果がいつわかり、いつ、もとの病院に行けばいいのか??

 先生がおっしゃっておられたような気がするけど、な~~んにも
おぼえとりゃせん ┐(´~`;)┌。

 わたしやっぱり、あがってたみたい (≧▽≦)ゞ。
そして、この結果、どんなになっていることでしょう??
しばらく、不安?楽しみ?な日々を送りまする ( ̄~ ̄)ξ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tubotthi.blog57.fc2.com/tb.php/678-82003f5a