夏休みに入り、7月中はプール開放があり、昨年までは、

「地獄のシャワー(プール前に浴びるシャワーをこういうらしい)が、冷たすぎ」
「顔に水がかかるのいや」

 なんだかんだと理由をつけて、入ろうとしなかった下の子供。

 ところが、今年は、用事があって行けなかった1日を除き、
皆勤で行ったプール。
そのおかげで、顔をつけたり、だるま浮き(足を手で抱えて、浮く状態のことをいうらしい)が
できるようになり、昨年のことを思えば、大きな進歩を遂げています。

 こんな事が出来るようになるなんぞ、夢にも思わなかったわたしは、
2ヶ月前に、 顔をつけることすらできないであろう子供のために、
スイミングの夏期講習を申し込んでいました。
クラスは、「水とスマイル」。
つまり、水に慣れましょうクラスでした。

 小学校2年生にもなって、水に慣れましょうクラスは、
かわいそうかと思ったのですが(きっと、園児ばかりだろうという予感もあったから)、
高いクラスに行って、できないよりいいかと、プライドを捨てました。
って、わたしがプライドを持ってても、仕方ないかぁ・・・(≧▽≦)ゞ。



 そして夏期講習が、今週から始まって大喜びで行ってるのですが、
予想通り、クラスは園児ばかり。
それでも、子供は大喜びで、まだ2日目なのに、
「プール、このまま続けたいなぁ…」なんておっしゃる。

 どうか、スイミングのコーチ。
このクラスより、1つ上のクラスにあげてくださり
(そのクラスで、役不足と感じたら、コーチ判断で上のクラスになれるとの事でしたので)
ビート板持ちながら、バタ足で数メートルでも
泳げるようにしてあげてください。

 そしたらわたし、スイミングを続けることを考えてもいいと思っていますので(-人-)。
よろしくです。




 って、わたし、かなりの親バカですわ(★ ̄∀ ̄★)にやりッ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tubotthi.blog57.fc2.com/tb.php/599-09e44cfe