「はぁ(´Д`)、冬休みにお友達に買ったプレゼント、まだ渡せてないねん・・・」
上の子供が、わたしに言いました。

 「ええ?どういうこと?」とわたし。

 「その子、中学受験するから、始業式から学校に来てないねん。
  クラスで、6人ほど来てないよ」
と子供。

 げげっ!!(☆o☆)

 3学期にはいると、一部の中学受験をする子達は、学校には来ないそうです。
そんな実態があるとは知りませんでした。
もちろん、受験する子が、全部そうではないそうです。


 えらい時代です。
学校に行く時間を惜しんで、塾に通っているということなんでしょう。

 今更こんなことを言っても仕方ありませんが、わたしの頃は、
学校は絶対に行くべきものと思っていました。
塾に行くために、学校を休ませ、勉強しているであろう状態に、
ある意味、ショックでした。

 学校側も、毎年のこと、当たり前なのでしょうか。
小学校もなめられたものです。
変な世の中ですよねぇ。
じゃ、何のために学校に行ってるんでしょう?

 たしかに、週休2日制になり、教育レベルも落ち、その中で、学校だけの勉強で
不安に思う気持ちは、わたしたちの時代を思うと、大きな心配です。

 でも、だからといって、塾に行くようになると、放課後塾に向かい、
帰宅は、21時~22時前後。学校の宿題と、塾の宿題とで、寝る時間は、24時・25時。

 学校も行かず、難しい問題を解いて、
いい学校に入れて、果たしてその子は、同じ年代並みの成長を
遂げているんでしょうか?

 モンスターペアレント、
 就職の説明会・面接で、子供についてくる親、
 今やびっくりすることが、いっぱい。

 勉強ばかりで、自分で判断する能力を失い、この子達は、
未来に何をしてくれるんでしょうね ┐(´~`;)┌ 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tubotthi.blog57.fc2.com/tb.php/465-2ca69f8c