いつものごとく、朝から社長の指示を聞きに行く。

「昨日とおんなじでな、穴があいたんと
このぽっちりのんと、ここにあるケース内の
数数えて」

昨日、5cm角の透明袋に入ったすだれの金具、
深緑色の紐の金具の数を数えた。

昨日は、穴の空いたんしか見れず、
ぽっちりがわからんかったが、
今日、社長が手にしていたのは、ぽっちりの方だった。

始めてお目見えするぽっちりに、つい

「あぁ、このぽっちりですね」

と言ったら

「あぁ❓
昨日のことやのに、もう忘れたんか❓
なんでやねん。
できひんか。
大丈夫か‼️
大丈夫なんか」

何を言い出すのか、わからへん(´・_・`)、
金具は、初めて昨日拝見したのですが…。
穴があいたんも、ぽっちりも知りませなんだですわ(・-・)。

そもそも、これは、ぽっちりとは言わんやろ。
ぽっちりとは
『数量や程度が非常にわずかであるさま。ほんの少し。』
と、デジタル辞書にあるよう、ぽちっと突起物が、
あるものと思ってた。
これは、完全なるアーチ。
このアーチには、丸い穴が空いていて、
紐が通せるようになっている。
少なく見積もっても、ぽっちりとは言わんわ。

で、言われた通り穴が空いたんと、ぽっちりに分ける。
袋の上から、どうしても見えへんやつは、よけた。

社長に言いに行き、よけた分を見てもらった。

「時間かけて、眺めたりすかしたりしたら、わかるやろが。
(と言いつつ、分けてくれた)
で、昨日と一緒や。
深緑色の紐のんも、数えんや」

はぁ❓
確かに昨日と一緒と、言わはったが、
さっきの指示で、ぽっちりと穴のあいたんと深緑色の紐との
数を数えるんやな、読み取るんか❓
できひんかったわたしは、言葉を認識出来なかったんか⁉️(; ̄O ̄)

3種類に分け、数を数え社長に言いに行く。

今度は、数えた深緑色の紐の袋群から、2種類出してきて、

「これとこれの、金具の形状が違うのが
わからんか❓
ほら、
わからんか❓
工作したことあるんか。
わからんかぁ。
昨日のんも、数、おうとんか❓
計算出来るんか❓
計算出来るんか❓」

どうやら、深緑色の中でも、形状の違う2種類を
分けなければいけなかったようだ。
せんなこと、わかるかい‼️( ̄Д ̄)ノ

「もうええわ。桟打ちして」

へーい…

自分が気が利かんのか、説明不足でわからんのか
わからんくなってきた。

ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tubotthi.blog57.fc2.com/tb.php/1259-2c0b0aea