中国から、コンテナがやってきた。
中身は、竹ぼうきとデッキブラシ。
物流センターに納品とのことで、トラックから下ろしたこれらは、
その後、うちのトラックに積み込む。

中国から届くトラックから、商品を下ろすに、
時間制限があるらしい。
2時間。
だから、専務はわずかな時間を惜しんで私たちを、
来させるのか…。
まぁ、だからといって納得出来る理由ではないんだけどね…。
怒涛の商品下ろしなのだから…( ̄Д ̄)ノ。

中国からの商品を全部下ろし終えた後、
専務がわが社のトラックを、倉庫Aに取りに行った。
少し、時間が空いたわけだ。

「休憩しよ、ひとりよがりさん」
せんむいぬさんが、わたし達に声をかけた。
ひとりよがりさんと、わたしは一緒にいた。

「休憩なんか‼️
さっさと、これやろ‼️」

ひとりよがりさんは、お茶を飲まない。
お茶を飲まない事を、豪語する。
休憩という形が、嫌なのだ。
かつては、トイレに行く事・お茶を飲むことを、
制限されてたらしく、それが、嫌というか守ってるというか… ❓

「じゃ、休憩せんかったらいいやん(*`へ´*)。
わたしは、休憩するよ」
と、せんむいぬさん。

「怒ったな❓」
とわたしに、振ってきた。

休憩しようがしなかろうが、その時はどちらでもよかったのだ、
なんだか、反対したくなってしまった( ̄▽ ̄)。

「こっちかって、仕事しててんから、休憩ぐらいいいんちゃいます❓」

「専務が帰って来たら、また、うわぁーと、
怒鳴らはるやん。
そら、恐ろしい恐ろしい。」

でも、自分はトラック取りに行ってる時、
休憩してるようなもんでしょ。
その間わたし達には、『働け』て道理が通らないですよ。

「でも、そういう人や‼️怒鳴らはるんや。
ほんなら、それをあんたは言うんか‼️」

えっ、わたしは言いますよ。
『あなたは、車乗って休憩してたんでしょ❓
その間、従業員は働かせておくんですか❓』
て。
なんと怒鳴られようと、言いますよ。

「ほんなら、休憩しぃや(♯`∧´)。
朝からお手洗いも行ってないし、行きたいやろ」

かつて、どんな扱いを受けたかは知らないが、
今それを、人にも強要し、豪語すれば、
あなたの大嫌いな専務と一緒の事をしてることに、
気づけない残念な人。

恐ろしいのは、専務だけじゃないんだよねぇ、
この会社。
わかんないかなぁ(⌒-⌒; )

ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tubotthi.blog57.fc2.com/tb.php/1211-e37bcf7b