倉庫の引っ越しの話が無くなった。
けれど、引っ越し先に商品を持って行ってたので、
それを引き上げてこなくてはいけない。
その作業の日が決まった。

その日は、じこちゅーさんもひとりよがりさんも、
全員で作業することになった。
商品は、高さ3m、重さ5キロ強のひさしだ。

いっぺんで行きゃいいのに、じこちゅーさんとひとりよがりさんの
出社時間が違うということで、
わたしとじこちゅーさんは、7時45分ごろ、
せんぬいぬさんとひとりよがりさんは、7時55分ごろ出発。
たった、10分の違いで、何が変わるのかわからない。

専務は、10トントラックで行く。

到着後、早速ひさしを10トントラックに積んでいく。
別のトラックにも積み込むためと、倉庫まで戻ること数回、
専務がいなくなる。
その間、中年のおばはんと、80の老人がひさしをトラックに積み込む。

短い時間に、積み込まなきゃいけないとのことで、ほぼ休憩なし。

「お茶飲み、休憩しよ~~」
と声を掛けても、
「専務に怒られる」
だの、
「休憩なんて、なまちょろい!!」
何が休憩じゃ」
と、じこちゅーさんに怒られる。

ホント、皆さんよく働かれる。
【専務に怒られる】なんて、
どんな洗脳やねん。
怒る方も怒る方やけど。

わたし自身、今まで
わぁ~~と作業しても、休憩入れもってやり、
終わったら、
(_´Д`)ノ~~オツカレー
と、飲み物が振舞われたり、自前で購入したり。。。

そんなところでやっていたので、
ヘロヘロなって、腕の力もなくなってるのに、
荷物を運び終わって、専務のもとに行くと、
やり始めていた、別の荷物積みを辞め、指示に入る・・・。

男の風上にも置けないずるさは、
やっぱり、軽蔑でしかない男であると
改めての認識であった。

いつかガツンと、言い返したいから、
いっぱい言い返しの引き出し作っとかねば・・・

(★ ̄∀ ̄★)にやりッ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tubotthi.blog57.fc2.com/tb.php/1209-a1d9bb33