職場には、わんちゃんがいる。
もともと、社長と専務の母親、奥さんの為に買い始めたわんちゃんだという。
が、いつの間にか、奥さんの家に帰ることなく、職場で飼われているらしい。
いわゆる、番犬だ。


「で・・・
リッキーさんは、わんちゃんの散歩に行けるん??」

w( ̄o ̄)w ついに来たか・・・
おとなしさんが退職され、きづかいさんとわたしだけになった時、
「いつか、わんちゃんの散歩も、仰せつかう日がくるよ」
と言われていたのだ。

が、わたしは、わんちゃんを飼ったことがない。
実家暮らしをしていた時も、現在も。

「あぁ・・・
わんちゃん、飼ったことがないからねぇ・・・。
できませんわ」

愛情のあるわんちゃんなら、糞をとったり散歩も楽しいだろうが、
わたしの、わんちゃんではない。
いや、何より、散歩の時間が決まっていて、少しでも遅かったら
携帯に電話がかかってくるのが、嫌だ。

「えぇ!!
わんちゃん、飼ったことなかった?
実家暮らしのときとか・・・。
あれ?覚え違いかなぁ。
奥様も言ってたような。
わかったわ」

って、奥さんとそんな話、したこともないわ (`・ω・´)。
そして、”覚え違い”も何も、飼ったなんて言ったことないし・・・。
またもや都合のいい、変換解釈か。

ヤレヤレ ┐( -"-)┌ マイッタネ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tubotthi.blog57.fc2.com/tb.php/1201-34b41983