木曜日の夜、二つ折れになって痛みをこらえる下の子供。

 実は朝から、なんとなく痛かったのだとか。
痛みの波もあって、乗り切っていたようだけど、
夜になってから、激しくなったようだ。

 どうしようか・・・・
 どうしようか・・・・

 こういう時って、どこでお医者さんに行くべきか判断に迷う。

 波になって、押し寄せては返す痛みに耐えつつも、
ソファで、寝てしまった子供を見守りつつ、
結局夜を乗り切ってしまった (;´∀`)。

 でも痛みはまだまだ続くようなので、やっぱりお医者さんに行くことにしました。

 消化器系の内科。
結局いつものこの先生なんだけど、義母の盲腸の時も、
「疑い薄し」で帰宅したけれど、その後も腹痛に悩まされ、
2日後、再度行ったら、盲腸で腹膜炎を起こしかけていたという・・・。

 でもほかのお医者さんも思いつかず・・・


 行くまでにも、動けない腹痛で何回も、動きの中断。
早く連れていきたいのに、うまく動けない (ノД`)・゜・。

 ようやく受付てもらえたけれど、待てど暮らせど
名前は呼ばれない。

 約2時間後、ようやく診断。
触診では、盲腸に非常に似ているらしいけれど、
ヒールダウン(かかとを思いっきりあげて、トンと少し勢いよく下ろす)では、
盲腸のあたりの痛みはないとの事・検査の数字的にも、盲腸ではないらしい。

 血液検査とともに、点滴。
点滴時にも、2回ほどの痛みが襲う。
そのおかげで?、大きい病院を紹介してくれることになった。

 時はすでに、2時を大きく回っている。
おなかすいたぁ(><)。
子供も、朝から何も食してなくて、
痛みはあっても、おなかはすくらしい ( *´艸`)。

 けれど、水分補給は少な目で、食事もせずして、
大きい病院に行ってくれとのことで、
親子ともおなかをすかせて、病院に向かう (;´∀`)。


 いろいろ検査を行うのに、子供は初車いす。
それを押すわたし。
お初・・・(∩´∀`)∩
いやいや、喜んでいる場合じゃ・・・(;´∀`)



 結果・・・

 やっぱり盲腸ではなかった。

 じゃ・・・???


 「腸閉塞」らしい。

 腸の動きがすっかり悪くなってる上に、便も少し溜まっていて、
脱水症状を起こしているらしい。
(腸も脱水症状とかあるのね・・・)
その状態で、食事(固形物)が入ってきても、糞詰まり状態で
吸収もできず、動きも悪く、結局痛みになっていたらしい。

 脱水症状だからと言って、このまま帰宅して水分補給を
どんどんしていればいいのかというと、そういうわけでもなく
動きが悪くなっているから、同じ痛みを伴う結果に
なる率が高いと。

 一番いいのは、腸を休めてあげて(絶食)、
点滴で直に栄養を補給していく方法が
早く改善する方法なんだとか。
つまり、このまま入院という方法がいいらしい。

 
 えっ ( ゚Д゚)

 入院ですか・・・


 ということで、そのまま入院。

 この病院に来てから、再び点滴が始まっていて、
その効果なのか、激しい痛みがなくなってきてたからか、
そりゃまぁ、本人はいたって元気。
絶食だけが、大不満 ( `ー´)ノ。

 「朝から食べてないのに、死ぬ~~ ;つД`)
死ぬ~~」

 死ねへんわ!! "(-""-)"
うるさいわ!!

 「2食ほど抜いた後は、おかい(粥)さんからね」
のお医者さんの言葉にも、

 「おなかすききってるのに、おかいさんからなんて無理~~
無理~~~」

 って何が無理やねん!! "(-""-)"
てか、うるさいわ!!


 といった感じ。

 
 早速、泊まるのに必要な荷物運びで往復し
帰宅したのが、21時頃でした。


 とりあえず、よかったぁ・・・


 でも・・・


 長い一日でした。。。。

 ┐( -"-)┌ヤレヤレ...

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tubotthi.blog57.fc2.com/tb.php/1127-edbe4247