2013.06.26 公募校長退職
 5時ごろ何気につけたテレビ番組で、大阪府の公募校長が退職し、
その方が、生出演されているのに出くわしました 。
日頃、こんな時間にテレビつけないんだけど・・・
やってるんですねぇ・・・
生出演
一般人でも・・・


 なんというか、今の若い方って、見切りをつけるのが早いのかな。
理想が高いのかな。
実は、今行ってるパート先でも、何とも回転が早い 早い
見切りをつけるのが早い!!
まぁ、こちらは、若い方ばかりではないので、
ちょっと理由が違うかもしれんけど・・・
どんなことにも、慣れるまでが大変で、しんどいんだと思うんだけど、
そんなもんじゃないのかな・・・。

 主婦。
仕事辞めて、家庭に入り、長期にわたり子育てしてるうちに、
仕事していた感覚とか、ルールとか、人間関係とか、
忘れちゃってるから、いざ仕事となると、
こんなはずじゃなかったって、頭打つのかな。
辛抱がなくなってるのか・・・。
おんなじ主婦としては、悲しい現状


 おっと、話がそれてしまいました



 昔から、「閉ざされた学校の世界」なんて言われ、
そんな世界に、新しい風をと、橋本さんの意図なんでしょうけど、
そんな世界だから、自分がなじむのに時間がかかるでしょうし、
溶け込むにも時間がいるでしょう。
ましてや、そこに、通常カリキュラムが引かれている。

 普通に考えても、多大な時間が要することは、容易に想像できそうなもの。
彼には、この3か月は、多大な時間に値したのかなぁ。

「校長になるための勉強もしたし、生徒たちに接してきた。
 努力は認めてほしい」

 と言われてもなぁ
わたしから見たら、それは、普通に当たり前の行動。
それなしで、臨まれたとなると、それこそ大丈夫?の世界かも・・・


 いろんな人がいて、いろんな考え方があるから、
賛否両論あるでしょう。
これが、この人の考え方なんだから、否定はしない。
いや、すでに否定済みか



 難しい問題・・・ですね
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tubotthi.blog57.fc2.com/tb.php/1112-c17dfe0a