今日は、まな板の話。
実は、我が家のまな板、お嫁入り時に持参した物なのです。

 母と買い物に出かけ、共に惚れ込んで、「これ!!」って
買ったまな板 Σ(ノ∀`)ペシッ。

 木の種類は忘れちゃったけど、高かったからちゃんとした木だったと
思うんだよねぇ・・・。
長方形じゃなくて、木の耳といわれる部分、
木の皮になるところがついていて、それも気に入ったところ。
木の厚みもあって、重厚な感じが気に入ったのかなぁ (*^_^*)。

 ところが、お嫁に来て20年弱。
まな板の手入れ方法も知らず、雑に扱っていたツケが
数年前から出てきてたんです (。´Д⊂)。

 よく使う真ん中部分が、へこんできていて
キュウリが、切れない包丁で切ったたくわん状態。
玉ねぎだって、ニンジンだって、食材が切れない (><)。
包丁ばっかりが悪くて、あぁなるんじゃないんですよ・・・。

 厚みの部分・・・だけじゃなく、黒ずんできて
明らかに、汚い ( ̄~ ̄)ξ。

 でもこれをどう処理していいかわからず、自分でカンナ掛けして
使えない状態になりでもしたら、泣くに泣けず・・・
そうして、知らない顔をして過ごしてきました。


 でもふと気付いたんです !!
削ってくれるところがあるはずやと・・・
って、遅い?! (^^ゞ。

 そうして見つけた所で、削り直しをしてもらうことにしました。

 そりゃもう、大感激です。
仕上がりは・・・

 201209まな板後

 ほぉ~~らぁ +:。☆゜(*´∀`)ノ゜☆:。+゜。
板の上が、木の耳部分で、黒ずみは少々残っているけど、
「少々残ってもいいから、削りきってしまわないで」が希望で、
聞き入れてもらってマス。

 だって、

 201209まな板前

 こんなに汚かったんだよぉ。
こんなの、よく使っていたよねぇ。。。
よく目をつぶっていたもんだ ε- ( ̄、 ̄A) フゥー。

 今回お世話になった、杉本木工工房さん。
いろいろ希望を聞いてもらえて、感謝感謝のお仕事振りでした。
ありがとうございました。

 悔むべきは、もっと早く気づいていれば、木の厚みが、
こんなにも薄くならなかったであろうこと。
「へこみが無くなるまで、削ってください」という希望でしたので、
仕方ありませんが、「もっと早ければ、こんなに削ることもなかった」、
とのことでしたので・・・
まぁ、しかたなし・・・(^^ゞ



 水に濡れると、い~ぃ木の香り
しばらく、いい気分でお料理できます ♪


  こちらも頑張ってま~す (^O^)/。


 ではまた・・・
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tubotthi.blog57.fc2.com/tb.php/1063-da88d420